一日芸者の家で – il profumo della dolce vita

Home / メディア / 一日芸者の家で – il profumo della dolce vita
一日芸者の家で – il profumo della dolce vita

2018年9月13日

Geisha Asaka and Tazusa

文化に特化したイベントを提供することを常にコミットしてきたEURコンセプト・モールであるEuroma2は、Eur MuCivの「文明博物館」と重要なコラボレーションを開始しました。この革新的な合意は8月3日に開かれ、ピゴリーニ博物館での現在の展覧会「Loretta Paderni」によってキュレーションされた「Geisha  -  art and the person」と並行して、10月30日までオープンする、2018。

その道を飾るために、日本文化の全ての愛好家のために二重の任命が計画されていた。9月9日(日)文明博物館とユーロマ2との共同ワークショップ「ゲイシャハウスの一日」。

Sala delle Conferenzeの「L. Pigorini」には、主人公「Vita da Geisha」のストーリーが含まれていました。

短い昼休みの後、ワークショップは一連のデモンストレーションと伝統的なダンスと音楽レッスンである "芸者学校"を続けました。

午後のEuroma2では、メイクや典型的なゲイシャの髪型の魔法と秘密を発見するために、午後、伝統的な着物とケーキのデモンストレーションが行われました。

その後、この機会に集まった聴衆は、芸者との記念写真を募集しました。

Euroma2のワークショップは、すべてに開かれ、旅フェスティバル#AGeishaDay(ローマでは2018年9月6-16日)のイベントの1つでした。

「芸者 - 人と人」という展覧会のプロジェクトは、一般の人々のための刺激と娯楽として、日常生活の空間に統合して芸術を利用可能にするという共通の意図から生まれました。芸者の時代に捧げられた重要な展覧会についてのこの深い研究は、伝統的なものと最新のものを組み合わせたEuroma2内で二重の図像的な旅を提供します。コンセプトモールの正面玄関には、古代の絵図で回顧を開く大規模に再現された芸者のイメージを賞賛することができます。鈴木春夫がヴェルディ家の礼拝堂で1770年に制作したシリーズ「エホン青年美人葵」シリーズから選ばれた19人の中断されたパネルが、没入型ウォークで公開され、芸者の活動を発見する。江戸時代の民間アパートです。この展覧会では、伝統舞踊(歌舞伎)、歌、演技、音楽、書道などの古典と芸術の研究に美学の世話を組み合わせた、幅広く慎重な規律を強調し、若い芸者によって達成された優雅さ、官能性、 (書道)、花(生け花)と茶道の手配の芸術です。

現代世界に特化したセクションは、Euroma2の1階にあるギャラリーで開発され、FabrizioとFederico Bonifaziの想い出の写真によって語られています。これは、芸術家であり、文化的で洗練された芸術家ゲイシャの姿が過去のルールに結びついたままで現代世界に適応してきました。京都の祇園地区では、今日でも古代の雰囲気を吹き込むことができますが、ショットの主役です。

Euroma2と文明博物館の協力のおかげで、10月30日までローマのGuglielmo Marconi広場14にある "Pigorini" Ethnographic Prehistoric Museumで展覧会 "Geisha  -  art and the person"展覧会を訪れたい人は、 Euroma2ギフトカードまたはAPPを博物館のチケットオフィスで提示し、チケット価格の50%割引を受け取ります。

数多くの写真に加えて、美術館では、日本の芸術、着物、ファン、楽器の貴重なものをローマの人々に初めて授与することができます。

EUROMA2 via Cristoforo Colombo、via Viale dell 'Oceano Pacifico(ローマ)

Tel. +39 06 5262161 www. Euroma2.it

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.